NHKニュース 告知

 
 
 

本日12月16日(水)NHK宮崎18:10〜19:00 「イブニング宮崎」内のコーナーで御崎馬が取り上げられます。
都井岬に来られる皆さまからみても、あまりなじみのない姿が見られますよ。

NHK告知①
 
 
 
 


放送では、御崎馬の採食行動の一部が取り上げられます。
御崎馬は冬の間様々な植物を食べており、今回はその一部をご紹介させていただきました。

12月ターザン森
 
 
 

いつも都井岬を出入りしているとそれほど珍しい行動でもないのですけれど、
ではいざご紹介となると、狙って出会えるものでもなく撮影できる場所で出会えるとも限りません。

 

映像として記録され、地上波で公開されるのは、おそらく世界でも初の事例でしょう
(撮影に成功して本当に良かった)。

NHK②
 
 
 

「知ってるよー」「見かけたことあるよー」という方がいらっしゃったら、それはすごいこと。
「僕/私は放送前から知ってたぞ」、と是非是非自慢してください。

 


TV画面に映っている御崎馬の姿を「ちょっと面白いなー」「良いなー」と感じていただけたら幸いです。



 
 

そして「野生状態のウマとはなんぞや」と思いを巡らせていただけたら。。。

森イメージ
 
 
 

放送を受けてまた後日、補足や詳細な説明などより深い内容をここで紹介できたら、と考えています。

 
 


 
馬の数だけドラマがある ポスター
 
 
 
 
 
 

スベル御崎馬(H55)

 
 

今回は御崎馬のちょっとコミカルな行動をご紹介します。
動物好きの方にとっては見慣れた光景かも知れませんが。。。

 
 

       ※画面右下に4つあるアイコンの一番左[字幕]をONにして、映像をご覧下さい。

 

 
 

斜面を気持ち良さそうに滑っていくハレムおす(13歳)。
上方左側にいる若おす(2歳)と右側の若めす(2歳)がその様子を見つめています。
「お!」ってな感じでちょっと気になったようです。


 
 
 

また、斜面ではなく平地で背中を擦りつけることも多く、
その場合は左右にドッタンバッタンひっくり返りながら、ダイナミックに背中を地面に擦りつけます。



どちらもウマでは良く見られる行動です。


この行動をとる理由は映像の字幕にもあるように諸説あり
  ・かゆい所を搔いている
  ・虫を落としている
  ・遊びの一環である
などと言われています。


皆さんはどう思われますか?

 
 
 


ちなみに、斜面を嫌がり平地で転がって背中を擦りつけるウマもいますが
逆にわざわざ斜面に移動して転がるウマもいるので
ウマによってそれぞれ好みがあるのかも知れません。

 

そしてウマたちの中には、滑っては登り、また滑っては登りと何度も往復するウマもいます。

 
 

その姿を見たときは、思わず微笑まずにはいられません。


 
 
 
 
 
 

ある御崎馬の事情①(H97)

 
 


都井岬では2015年11月現在、96頭(牡45頭、牝51頭)の御崎馬が複数の集団に分かれて生きています。
その集団の数は全部で20ほどあり、その内10の集団はハレム(一夫多妻)で暮らしています。
他の構成としては一夫一妻(とその子供)だったり、おす同士だったりします。
そして、各々の群れがその時その瞬間、特定の場所を移動しながら都井岬全体を利用しています。

 


本日は、その中からあるハレムをご紹介したいと思います。

0697ハレム
 
 
 


このハレムの若おすと若めすは、同じ2歳だからかいつも一緒にいます。

1374&1394
 


若おすのお母さんはこのハレムの第一夫人なのですが、若めすのお母さんは昨年11月18日夕方に亡くなってしまい、このハレムにはいません。

 
 


若おす母子&若めす母子は、もともと別のハレムに一緒に所属していました。
そして、前所属ハレム時代に若めすのお母さんが亡くなった後も、若おすとその母である第一夫人は若めすと行動を共にしてきました。
そっと近くに寄り添い、グルーミングを頻繁に行い、このハレムにも一緒に移動してきました。
それはまるで母を亡くして天涯孤独の身になった若めすを、家族として受け入れ、気遣い、慰めているかのようにも見えました。

 
 
 
 


そうやって若おすとその母である第一夫人からの愛情を一身に受けていた若めすも、今、“旅立ちの時”を迎えています。

 
0683ハレム10.31


若めすの母が亡くなった日からそろそろ1年を迎えようかという10月31日、若めすは他の独身おすと行動を共にするようになります。

 
 


実は今年の6月にも、若めすが他の集団に移動しようとした時がありました。
ただ、2日も経たずにすぐハレムに戻ってきました。
その時は、若おすとその母である第一夫人もまるで若めすのことを探すかのようにハレムを離れ、そして一緒に戻ってきたのでした。

 


今回は、若めすが新しい集団の第一夫人となってから3週間ほど経過した現在も、この独身おすの集団にいます。

 
 
 

若おすとその母である第一夫人も、若めすを送り出すかのようにハレムに留まり落ち着いて過ごしています。

0697ハレム2
 
 

このように、御崎馬の群れは日々刻々と変化していきます。
若おすもいつか母の元から離れ、このハレムを旅立つ時がやってきます。
そして、それはいつの日になるのでしょうか。

 

                                    パッカ都井岬  柳谷

 
 
 
 

馬の数だけドラマがある ポスター

 
 
 

キンミズヒキと御崎馬

 
 
 

最近、御崎馬のタテガミに何やらくっついています。
キンミズヒキ 0770
キンミズヒキ 0770 アップ
 
 
 
これはキンミズヒキという植物の種子です。
(学名: Agrimonia pilosa var. japonica バラ科ミズヒキ属 多年草)

 
キンミズヒキ
キンミズヒキ アップキンミズヒキ 種

 


キンミズヒキの種子には小さなトゲがたくさんあります。
このトゲで通りがかった動物の体毛などにくっつき、新たな場所に運んでもらって分布を拡げます。
都井岬では、御崎馬も種子の運搬役を担っています。言うならば、虫や風ならぬ馬散布。。。

 
 

しかし、比べてみると実があまりついていない馬とたくさんついている馬がいます。
かたや、ぼちぼち。。。

キンミズヒキ 15x19キンミズヒキ 1494
 
かたや、たくさん。。。
キンミズヒキ 15x9
キンミズヒキ 0770 -2
 
 

種子のあまりついていない方の馬群は、行動範囲が狭く丘の芝地を主な行動圏にしています。
一方でたくさん実がついている方の馬群は、行動範囲が広く森や藪の中を移動することも多いです。
もし、たくさん実がついている御崎馬を見かけたならば、その馬は今まさにキンミズヒキの群落を通り抜けて来たのかも知れません。

 
 
 
 

夏休みは都井岬にキマリ!!

 
 

進撃のミサキウマ ー Attack on Equus ー

駆逐

対峙


偵察

偵察

 

撤退

撤退


 
 
 

長かった梅雨もようやく明け、都井岬は夏本番。都井岬なら“パッカ”におまかせ!
(夏休みキャンペーン実施中です。都井岬に来られる際は、是非お気軽にお問い合わせ下さい)
TEL 050-6867-0707

夏の都井岬
 
 
 
 
 

都井岬 ただいま春駒学習中



春駒が次々に生まれています。

春駒たちは、生まれてすぐに立ち上がるけれど、
たとえ「本能」があるからといって、最初からなんでもできるわけではありません。

まずは立つ、歩く、お母さんについていくことを覚えて、
お母さんのおっぱいの探しかた、斜面の歩き方、眠たいときの腰のおろしかたなど、
小さな試みを積み重ねながら少しずつ自分の暮らしを確立させていきます。

ようやく自分のことができるようになったら今度は周りに興味を持ち始めます。

誰が家族なのか、仲間とどう接するか、時に受け入れられ、時に失敗して怒られながら、
これもまた少しずつ、仲間内の社会関係を覚えていきます。

 

ファイル 2015-04-27 11 38 49


仔馬時代に学んだ社会関係がその仔のその後の人生(馬生?)に及ぼす影響は多大です。

どうか皆さま”愛でる心”で仔馬たちに「ヒトに近づくこと」を教えてしまいませんよう。



都井岬 2015春駒⑤号 & 護る父

 

 

 

今年5番目の春駒が産まれました!

 

このお母さんは去年は赤ちゃんがなかったので一年ぶりの子育てです。

きれいな鹿毛の男の子。もうしっかり歩いてますよ。

 

 

さて、今日はもう一つ面白いシーンに出会えたのでそちらの動画をご紹介。

 

 

うつらうつら眠りかけてる春駒の傍で、お母さんがソワソワ何かを気にしています。
大変! 斜面の下からよそ者オスが迫ってきました!!

 

自分の奥さんに去られたばかりのこのオス馬、このお母さんに興味津々です。
お母さんに声をかけています。聞こえますか?ヒーーーーーン!!

 

お母さんは子馬が心配。一生懸命耳を倒してよそ者を威嚇し、体を張って我が子を守ろうと身構えます。
それでも迫り来るよそ者オス! お母さん、ピンチです!!

 

 

 

あ!!

 

 

 

 

ものすごい勢いで飛び込んで、見事よそ者を蹴散らしたこのウマ。

 

そう、お父さんです。
奥さんのピンチは見逃さない! ちゃんと駆けつけてくれましたよ。

 

走り去るよそ者。追うお父さん

 

お父さんはよそ者を遥か遠く見えない場所まで追い払ってくれました。
しっかり奥さんを護りましたね。颯爽と戻ってくる姿、かっこいい!!

 

 

あれれ、けれど戻ってきたお父さん、少し興奮が抜けていません。

首を下げて奥さんに迫り、この場からの移動を促してます(この動きをハーディングといいます)。

 

さっきのオスからもっと奥さんを遠ざけたいのか、

もしかしたらしっかり目を配れるよう他の奥さんと合流させたいのかもしれませんね。

 

 

対する奥さんは?。。。耳を倒して拒絶します。
おチビちゃんがしっかりついてこれるようになるまで、あまりその場を動きたくないのかもしれません。

 

奥さんが嫌だというなら無理強いはしません。

お父さんはそれ以上何も言わずに隣で草を食み始めました。

 

 

奥さんをしっかり守って、無理強いはしない。

素敵な旦那様だと思いませんか?

 

 

 

都井岬に来れば、いつでもこの様な行動が観れるわけではありません。

見かける姿のほとんどは、のどかに草を食んでいるでしょう。

 

しかし今の季節は、オス同士の闘争など御崎馬が子孫を残す為に行っている様々な行動を見ることができます。

 

都井岬にお越しの際はぜひ滞在時間を長めにとって、じ~っくり観察してみて下さい。

ウマ達の様々な表情に出会えるかも知れません。

 

その際はくれぐれも争いには巻き込まれないよう、お気をつけくださいね。

 

 

 

 

 

春駒①号その後

 

3月31日に誕生した2015年春駒第1号♂です。

 

生まれた時は元気が無く、ここ数日姿を見かけなかったので心配していたのですが昨日発見しました。
ひとまず一安心、元気そうで何よりです。

 

 

左に居るのが森育ちのお母さん(13歳)です。きっとこの子も森の住人となるのでしょう。

 

ちなみに右にチラッと見えているのは、お父さんでも何でもない最近一人で居る事が多いオスウマ(8歳)です。

お父さんが居ない間留守を守っているご近所さんなのか、
はたまた一春のアバンチュールを狙っているのか・・・、想像は尽きません。

 

 

都井岬 2015春駒②号

image

4月2日午前に59番さん家に新しい家族が加わりました。
この子も第1号と同じく、青毛(黒い体)です。

写真は手前から、
お母さん、お兄ちゃん、お父さん、第3夫人、第2夫人です。
増えた新しい家族の一員を、みんなで見守るの図。。。

写真ではスヤスヤ眠っていますが
起きた時は元気いっぱいなので、この子はきっと安心です。