万能薬ウツボグサ―6月の草花

雨の続く都井岬ですが、季節は着々と移り変わりつつあります。
春の鮮やかな花たちは既に種となり、この季節はすこし控えめな様子の花々が多くなります。


今日は最近都井岬で見られる花、ウツボグサ(Prunella vulgaris L. subsp. asiatica)をご紹介します。
ヨーロッパやアメリカに生息するセイヨウウツボグサ(Prunella vulgaris)の亜種です。

IMG_2001

ウツボグサの仲間は英語でself-heal(自己-治癒)とかheal-all(全-治癒)などと呼ばれており、自己治癒力を高めるハーブとして広く利用され来ました(例えば眼精疲労から胃腸薬、強壮剤、外傷薬など)。日本でも生薬として利用されており、「日本薬局方」にも夏枯草(カゴソウ)という名称で記載されています。

煎じてお茶にしたり、若苗を炒めたり揚げたり、花弁をサラダにしたりと、活用方法は様々。けれど匂いや味はあまり強くないのだとか。

 

学界ではその抗菌作用・抗ウイルス作用が注目されています。「ウツボグサの抽出物がHIVウイルスの増殖を抑える」とか「アレルギーを抑える」なんて論文が出るなど、有効成分の活用が期待されているようです。

1) 厚生労働省「日本薬局方ホームページ」 第十六改正日本薬局方(平成23年3月24日厚生労働省告示第65号) p.1466「カゴソウ」

2) Li-mei Lin, Hui-Min Gao, Jing-jing Zhu (2015).”Prunella vulgaris L. 夏枯草 (Xiakucao, Common Selfheal)”. Dietary Chinese Herbs. 3
: 469-475. doi:10.1007/978-3-211-99448-1_53.

3) Collins RA, Ng TB, Fong WP, Wan CC, Yeung HW (1997). “A comparison of human immunodeficiency virus type 1 inhibition by partially purified aqueous extracts of Chinese medicinal herbs”. Life Sci. 60 (23): PL345–51. doi:10.1016/S0024-3205(97)00227-0.PMID 9180371

4) Kageyama S, Kurokawa M, Shiraki K (March 2000). “Extract of Prunella vulgaris spikes inhibits HIV replication at reverse transcription in vitro and can be absorbed from intestine in vivo”. Antivir. Chem. Chemother. 11 (2): 157–64. PMID 10819439

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です